無電極ランプとは | 無電極ランプを徹底解説

水銀灯代替え省エネ照明は無電極ランプ

無電極ランプとは

まずは無電極ランプについて基本的な知識からご紹介していきます。

水銀灯代替え省エネ照明の決定版!無電極ランプを徹底解説無電極ランプの日本における正式名称は「無電極放電ランプ」。
エバーライトやLVDと呼ばれることがありますが、LVDは「Low Voltage Discharge」の頭文字を取った照明で、上海宏源照明電器有限会社が作る無電極ランプの商標。日本での販売はHALO LVDという名前で行われています。EVERLIGHT(エバーライト)はパナソニックの販売する無電極ランプの商標。エコブライ燈(エコ燈)はアオイエコ販売のブランド、GUGENシリーズはSANRIの販売する無電極ランプのブランド名です。
ですから、様々なブランド名や商品名(商標)があるものの、それらは全て正式には無電極ランプ、または無電極放電ランプということになります。

主に水銀灯やメタルハライドランプ、ナトリウム灯などHID照明の代替えとしての用途になりますが、10万時間という驚愕の長寿命かつ省エネということで、交換が困難な場所に採用されることが多く、近年ではレインボーブリッジや東京スカイツリーなどにも使われています。

これ意外にも高速道路やトンネル、吊り橋、工場、施設、体育館等の照明、また街路灯などのランプ交換・施工にともなう手間・ランニングコストを大幅に低減できるため、省エネ・省資源時代にあった照明として注目されています。

無電極ランプはその名の通り電極が無いのが特徴です。照明の寿命は電極部分の劣化によるものが主ですので、電極が無いということは劣化する部分が無いということなので、長寿命というのも理解できますね。

現在世の中にある人工光源の中で、最も寿命が長い照明と言われています。

詳しくは「無電極ランプの発光原理」をご覧ください。

水銀灯代替え省エネ照明の決定版!無電極ランプを徹底解説


無電極ランプの特徴の一つとして目に優しい明りというものがあります。

無電極ランプは、発光体(ランプ)の面積が水銀灯などに比べて大きいために瞳孔ルーメンの係数が大きく、同じルクスの水銀灯と比較すると2倍近く明るく感じる。水銀灯やLEDは点光源のため、瞳孔が閉じてしまう。

詳しくは「明りの新基準PLm」をご覧ください。


近年では、倉庫や工場の高天井に設置されている水銀灯の代替えとしてLED照明を導入したものの、作業員から「目が疲れる」「頭が痛くなる」などの報告を受けることがあるという話を日本中で多く聞かれるようになりました。
LED照明の光の特徴である直進性の強さ、グレア(ぎらつき)やフリッカ(ちらつき)が大きな原因の一つかと思われますが、せっかく高いお金をかけてLED照明を導入したのに、すぐに無電極ランプに入れ替えた・・・なんていう本末転倒(照明なので本末点灯!?笑)な事例もあるようです。

無電極ランプは長寿命、目に優しい明り意外にも様々なメリットがある照明です。

詳しくは「無電極ランプの特徴」をご覧ください。


無電極ランプの生産量、輸出量は中国が世界一で、世界の90%の無電極ランプを中国企業が生産しています。
続いて韓国が生産しています。生産総量の割合では圧倒的に中国が多いのですが、製品の信頼性という部分で韓国製の製品が諸外国で多く採用されている流れもあります。
日本においてもいくつかのメーカーがオリジナル製品を販売していますが、資材だけ全て中国または韓国から取り寄せて、国内で組み立てる簡単な方式や、海外メーカーにOEM生産で委託しているのが現状です。


一般的に多く普及している水銀灯400W型を省エネ化したいとLED照明の導入を検討したが、大きな初期投資額が必要で、減価償却期間も長いということから、導入を諦めることが多い現状です。

導入を諦める要素としては、次の事情が多く聞かれます。
■製品単価が高く、イニシャルコスト(初期投資額)が非常に大きい。
■既存の灯具(傘)が利用できない。
 ・口金(ソケット)や傘の形状が合わない。
 ・傘の中にランプが納まらない。(面で発光するのでサイズが大きい)
■重すぎる。
■光の方向性やニュアンスが大きく違う。


さて、ここまでの文面を読んで気付いた方もいるかもしれませんが”光”と”明り”という2種類の表現が出てきます。
無電極ランプの取扱業者や照明のコンサルティング業者の中では、光線の種類によって光と明りを使い分けることがあります。
LED照明の光線を”光”、従来照明(蛍光灯、電球)の光線を”明り(あかり)”と呼ぶことが多いです。
ちなみに水銀灯は従来照明ですが、光線が目に痛いので光・明りのどちらを使うこともある微妙な立ち位置です。
では無電極ランプはどうかと言いますと、目に優しい光線が特徴ですので”明り”と呼ばれることが多いです。

これを知っているだけで、なんとなく通(つう)になったような気がしますね。


近年では様々な形状の無電極ランプも登場してきました。
用途に応じて最適な照明選びができるように各項目をじっくりご覧になっていってください。

無電極ランプとは

日本における正式名称は無電極放電ランプ。省エネ、長寿命が特徴で水銀灯に替わる照明として今、世界中が注目している次世代照明です。

ページへLinkIcon

無電極ランプの特徴

まず知っておきたいのは無電極ランプの特徴ですね。水銀灯やメタルハライドランプ、ナトリウム灯など既設の照明やLED照明との違いを確認しましょう。

ページへLinkIcon

無電極ランプの発光原理

無電極ランプは最終的には従来の蛍光ランプ同様の原理で発光しますが、決定的な違いは電極が無いということです。それってどういうことなのでしょうか。

ページへLinkIcon

LED・水銀灯との比較

一般的に普及しており高天井用照明と言えば水銀灯ですが、代替えを考える時に出てくるのは省エネの代表格LED照明ですね。比較データを見てみましょう。

ページへLinkIcon

お勧めの設置場所

無電極ランプはその特性上、一般家庭向けではありません。しかし、適合する場所においては非常に効果的に利用されています。お勧めの設置場所は?

ページへLinkIcon

高周波or低周波

無電極ランプは大きく2種類あると考えてください。それは安定器の仕様によるものえすが、高周波稼働と低周波稼働です。この違いを見てみましょう。

ページへLinkIcon

ランプの種類

無電極ランプは様々な種類、形状のランプがあります。サークル(ドーナツ)型、スクエア(四角)型、ボール型など。用途に応じて選びます。

ページへLinkIcon

メリット/デメリット

全て良いことばかりではありません。製品の特性上、気をつけなければならないこともあります。設置時の注意点うあ取扱いについて説明します。

ページへLinkIcon

得意分野/不得意分野

何事にも得意分野と不得意分野がありますよね。当然、無電極ランプにもそれが当てはまります。得意な分野を知ることで有効に使うことができます。

ページへLinkIcon

明りの新基準『Plm』

一般的に明るさを表す基準はlm(ルーメン)やlx(ルクス)ですが、無電極ランプは新基準「Plm」という表記で表されることがあります。

ページへLinkIcon

水銀条例

国連環境計画(UNEP)が素案をまとめた水銀条例は2013年の秋に採択が予定されています。今後は水銀灯に替わる照明が強く求められるなってきました。

ページへLinkIcon

導入例

無電極ランプが良いとは言っても、なかなか見る機会も少ないのが事実。実際に見てみないと本当に良いのかわかりませんね。いくつか導入例をご紹介します。

ページへLinkIcon

販売連のご紹介

無電極ランプはここ数年で取り扱う販売店が増えてきましたが、まだまだ取扱い業者は少ないのが現状です。国内の販売をリードする会社をご紹介します。

ページへLinkIcon

水銀灯代替え高品質無電極ランプ業界最安値シリーズ

無電極ランプ